● TOPに戻る  

現代には不足しがちな人が多い〜♪
           

●年をとるごとに体内の量は滅る


コエンザイムQ1Oは、私たちのからだ を形づくっている細胞一つ一つに含まれ
ています。
健康な成人の体内には、およそ700 rの
コエンザイムQ1Oが存在するといわ れていますが、とりわけ心臓や肝臓、腎臓 など、働きが活発な組織に多く含まれる
のが特徴ですね。
前にのべたように、コエンザイムQ1O
は体内で合成できます。
しかし、体内で合成されるコエンザイ
ムQ1Oの量は、20歳をピークに徐々に
減りはじめます。
これ は、
年齢別の体内のコエンザイムQ1Oの
量を表わしたものでが。心臓に含まれる
量にいたっては、70歳で、20歳のころ
の半分以下に減っているのがわかりま す。

コエンザイムQ1Oが元気の素であるこ
とを考えると、年をとるほどその重要性
は増します。ところが、皮肉なことに、年を
とるほど体内の量は減ってしまうのです。

●コエンザイムQ10を消耗する要因

加齢だけでなく、病気の患者さんの体
内でも、コエンザイムQ10の減少がみら れます。
がん、癌、糖尿病、肝硬変、低血圧はその代表で、慢性 頭痛等を訴える人の血中でも、
コエンザイムQ10が減っていることが明 らかにされています。
このほか、
コレステロールを下げる薬 をとっていたり、偏った食生活を続けた
り、あるいはストレス、激しい運動などに
よっても、コエンザイムQ10は大幅に消 耗します。

ですから、
現在の日本のように、社会の
高齢化が進み、病気やストレスが蔓延
し、食生活が乱れがちな状況では、年令に
関わらず、コエンザイムQ10が不足して
いる人は少なくないと思われます。

からだの活力を健康なレベルに保つに は、コエンザイムQ10を外部から積極的 に補給することが望まれるんですね。
 




Copyright ami21 .All Rights Reserved.    .